おもちゃのコレクションを正しく保管するには?

そのまま保管は危険!おもちゃの保管方法

大事にしているおもちゃのコレクション、できるだけ劣化させないで保管をしたいものですよね。正しく保管をするには、おもちゃの種類にもよりますが、まず気を付けたいのはおもちゃの大敵となる湿気です。フィギュアなどを衣装ケースなどにしまって押入れなどの暗くて涼しい所に保管をするのは良いのですが、そのままだと湿気によってカビが発生してしまう恐れがあります。衣装ケースなどにしまう場合は除湿剤を一緒に入れると良いでしょう。その際防虫剤も入れておくと、なお安心です。

ぬいぐるみは虫に狙われやすい!

ぬいぐるみなどは、子供の頃の思い出なども重なり、思い入れが深くなるもです。そのぬいぐるみも大切に保管したい、そんな時はまず、ボタンなどが取れかかっていないかを注意をしながら、ぬいぐるみに掃除機をかけてホコリなどを除去します。そして保管する時に虫食いとダニの繁殖の予防のため、防虫剤と除湿剤を一緒に入れます。布団圧縮袋に保管する人もいますが、形が崩れるのが気になる人にはおすすめできません。年に1、2回陰干しをして風を通すと良いです。

うっかりにご注意!丁寧な点検を!

電池を使って動かすおもちゃを保管する場合、うっかり電池を外さないで保管をしてしまうと、電池漏れを起こす恐れがあります。漏れた液体には毒性があるものもあり、大事なおもちゃを変色させてしまう恐れもあるので、保管をする前には電池を抜いたか必ずチェックをしましょう。また、ダンボール箱は身近で手に入れることも簡単ですが、ダンボール箱に直接おもちゃを入れると、ダンボール箱の色がおもちゃに着いてしまうこともあるので、ダンボール箱を使う時は、ケースに入れた上での使用をおすすめします。

使わなくなったおもちゃを処分しようと思ったら、まずはおもちゃの買取をしてくれるお店を探すといいでしょう。